https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=469&aid=0000405938  



VOAプレス... その会社「ロシア産の購入」と主張し


、16日に慶尚北道浦項南区にある浦項新港湾に北漢山石炭搬入疑惑を受けているトーゴ国籍船舶「DN5505」号が停泊している。アメリカの声(VOA)放送は、韓国政府が今年2月、ロシアのナホトカ港からの石炭3217トンを積んでポハンハンに入ってきたDN5505号を抑留して調査中だと報道した。浦項=聯合ニュース

昨年、北朝鮮産の石炭を搬入したという疑惑に包まれた韓国企業が再び同じ疑いを受けているとの声(VOA)が16日報じた。該当業者は、ロシア産石炭と思って購入したと主張することが分かった。

政府は、ロシアのナホトカ港からの石炭3217トンを積んで、今年2月初め、慶尚北道浦項新港に入港したトーゴ国籍船舶DN5505号を抑留して調査中だ。船舶に掲載された石炭が北朝鮮産ソクタンイル可能性があると見ている。VOAは、この石炭の最終購入者が韓国A社あらわれた。昨年、北朝鮮産の石炭購入者に指名された石炭の輸入業者である。

A社は、昨年、インドネシア当局に抑留された北朝鮮の船舶ワイズアーネスト号に掲載された北漢山石炭を購入した疑いで、国連安全保障理事会(安保理)などの調査を受けた。私たちの捜査当局は、A社が石炭の購入代金を支払わなかった理由で無嫌疑処分を下した。一方、国連安保理の対北朝鮮制裁委員会の専門家パネルは、今年3月に年次報告書では、A社がバイヤーに記載ワイズアーネスト号関連契約書を公開し、A社が費用も支払った関係者の証言も実はある。

A社は悔しいという立場であることが分かった。VOAによると、A社の関係者は、「(ロシア産という)原産地証明書等を確認したため、北朝鮮産ソクタンイルという疑いは全くしていなかった」と述べた。ワイズアーネスト号抑留で石炭を購入するが失敗に終わった後、納期日を守るために、ロシアで石炭を購入したことが、A社の主張だ。A社はまた、今回抑留された石炭は、2次出荷分で、1次輸送分は何の問題もなく、国内荷役及び通関を経たと釈明した。

VOAは、米国国務省が昨年2月、北朝鮮の船舶に油を不法に移し室たという疑惑を提起したパナマの出荷タンカーカトリン号所有者とDN5505号の船主が一致するとも伝えた。外交部は「調査が進行中の状況」と言葉を惜しんだ。DN5505号江原東海海洋警察が調査中である。

  • eduz ****
    このニュースはすぐにメインの下りでしょう?
    2019.07.16。16:39:58申告
    返信0
    共感/非共感共感3非共感0
  • soun ****
    実際こういうある瞬間に、韓国銀行や大企業、発電所このようなのに一つでもセカンダリボイコット打ち当たる日に直接サブプライム、IMF級経済危機だ。適切ちょっとしよう広がり与えず、いくら出ない私だ下がるどのように、また広がり主や?ㅠ。ㅠ
    2019.07.16。16:40:42申告
    返信0
    共感/非共感共感0非共感0